お名前.comで取ったドメインをAWSの「Route 53」で利用する

AWS

お名前.comで取得した独自ドメインを移管せずに、AWSのDNSサービスであるRoute 53で使えるようにネームサーバーの向き先をRoute 53に設定して、最終的にEC2の仮想サーバーのドメインとして割り当てていきます。

Route 53とは

AWSのDNSサービスで、AWS上の各サービスを独自ドメインで利用する上で便利な機能が用意されていて親和性が高いサービスになっています。
今後AWSの様々なサービスを組み合わせていく事を考えているならオススメのサービスです。
また、世界中に分散したネームサーバーが4つ割り当てられる事によって、信頼性も高くなっています。

Route 53の利用料金について

Route 53には無料枠は設定されていないので、若干の料金が発生します。
主にかかる料金は以下のものがあります。

  • ホストゾーン1つにつき、0.50 USD/月
  • 100 万件のクエリごとに 0.400 USD

ホストゾーン1つというのは、1個のドメイン(example.com)を管理するグループの単位です。
ドメインの中でサブドメイン(aaa.example.com)をいくつ設定したとしてもあくまでも元となるドメインが1個であればホストゾーン1つの枠の中で利用する事ができます。
ホストゾーンの費用は毎月固定で発生しますので、現状1ドル110円前後なので1つのホストゾーンあたり毎月50〜60円程度かかる計算になります。

クエリについてはRoute 53がドメインからIPアドレスを返した回数とほぼ同義ですが、例えば10万回だったとしたら0.04 USDとなりますので、サイトの規模が小さいうちは費用としては数円〜数十円程度に収まるかと思います。

この他にRoute 53でもドメイン自体を取得することはできますが、ドメインの維持コストや取得コスト自体を比較するとお名前.comの方が安くすむ事が多いので、今回はドメインはお名前.comに残したまま、使用するネームサーバーをRoute 53に向ける事でAWS上でDNS管理をできるようにします。

Route 53の設定手順

お名前.com側でドメインを取得済みかつ、AWS上に割り当てたいEC2のインスタンスが作成済みという前提で、以下流れで進めていきます。

  1. EC2のインスタンスに固定IPアドレスを割り当てる
  2. Route 53にホストゾーンを作成する
  3. 作成したホストゾーンにEC2の固定IPアドレスを登録する
  4. お名前.com側でRoute 53で作成したホストゾーンのネームサーバーを登録する

EC2のインスタンスに固定IPアドレスを割り当てる

DNSを使ってドメインを割り当てる際にはどうしても固定IPアドレスになっていた方が使いやすいのでまずは、EC2のインスタンスに固定IPアドレスを割り当てていきます。

固定IPアドレス(Elastic IP)を発行した場合、EC2のインスタンスに割り当てられていれば料金は無料ですが、見割り当ての場合は料金が発生するので注意してください。

まずEC2のダッシュボードを開いて、メニューから「Elastic IP」を選択します。

次に「新しいアドレスの割り当て」ボタンを押します。

アドレス割り当ての画面になりますが、特に選択する内容はないのでそのまま「割り当て」ボタンを押すと、すぐに固定IPアドレスが発行されます。

固定IPアドレスが発行できたので、「アクション」>「アドレスの関連付け」を選択します。

EC2のインスタンスがリストに表示されるので選択して、「関連付け」ボタンを押せば割り当てられます。

インスタンスに固定IPアドレスを割り当てると、インスタンス作成時に自動的に割り当てられていたIPアドレスは使えなくなります。
IPアドレスを使ってブラウザでアクセスしていた場合はアドレスが変更となります。

これで、EC2のサーバーに固定IPアドレスでアクセスできるようになります。

Route 53のホストゾーンを作成する

EC2を固定IPアドレスでアクセスできるようになったところで、本題のRoute 53の設定をはじめていきます。

awsマネジメントコンソールのサービスから、Route 53を開きます。
下の方にスクロールしていくと「ネットワーキングとコンテンツ配信」のグループの中にあります。

Route 53ではDNSやドメインの管理を行う事のできるサービスです。

今回はドメインはお名前.comで取得しているものを利用するので、Route 53でのドメイン管理機能は使わずにDNS管理の機能を使います。

DNS管理のところにある「今すぐ始める」ボタンを押していきます。

DNS管理をするためのホストゾーンを作成します。

「ホストゾーンを作成」ボタンを押して、どのドメインに関するホストゾーンを作成するかを設定していきます。

「ドメイン名」のところには、お名前.comで取得したドメインを入力します。

ホストゾーンを作成すると、NSレコードにネームサーバーが4つ割り当てられています。

このネームサーバーの情報はお名前.com側の設定で入力するので内容をメモしておきます。

作成したホストゾーンにEC2の固定IPアドレスを割り当てる

この状態でお名前.comのネームサーバー設定を試したところエラーで登録できなかったので、先にEC2のインスタンスに向けたAレコードを作成します。

「レコードセットの作成」ボタンを押して、「名前」に対象のドメイン、値にEC2で割り当てられた固定IPアドレスを入力し「作成」ボタンを押せば完了です。

設定するドメインの名前について

ドメインの名前については、今後https化をする際に本公開用のドメイン名を別途Aレコードを登録するため、ここでは内部でのEC2アクセス用に適当な名前のサブドメインを登録するのがオススメです。

例えば、サイトを公開するドメインを最終的に「example.com」にする予定として
EC2に直接アクセスするためのサブドメインは「hoge.example.com」としておきます。

これは、https化を視野に入れた際に、EC2を直接https化するのは証明書を自分で用意する必要があるため現実的ではなく、AWS上で無料で発行できる証明書が利用可能なELBやCloudFrontをEC2の手前に立てる必要が出てくるというのが理由になります。

公開用のドメインは手前側に置くhttps化のために温存しておくのがスムーズです。

お名前.comの設定でRoute 53に向けるネームサーバーの設定を行う

お名前.comのドメインでアクセスした際に、Route 53で作成したホストゾーンに向ける設定をしていきます。

ドメインNaviでAWSで利用するドメインの設定を開き、ネームサーバーの変更から「他のネームサーバーを利用」を選択します。

ネームサーバー情報の入力欄に、Route 53のホストゾーンのNSレコードに表示されていたネームサーバーを4つとも入力し登録できれば設定は完了です。

設定の反映には少し時間が必要になりますが、これでお名前.comで取得したドメインにアクセスした際に、AWSのRoute 53で受けることができるようになりました。

これでホストゾーンに設定したサブドメイン名でブラウザからEC2のWordPressが開けるようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました