AWS「Amazon EC2」を利用しWordPressを導入する

AWS

AWSのAmazon EC2の新しいインスタンスをWordPress Certified by Bitnamiを使って作成し、仮想サーバー上にWordPressでサイトを立ち上げてみました。

Amazon EC2とは

「Amazon EC2」とは、正式名称はAmazon Elastic Compute Cloudと言い、AWSの数あるサービスの最も基本的なサービスのひとつで、簡単にいうとクラウド上に仮想サーバーを立ち上げるサービスです。

今回はこのAmazon EC2を使って新たにサーバーを立ち上げ、WordPressを導入する手順をまとめていきます。

EC2のセットアップ

AWSマネジメントコンソールからEC2設定ページを開く

AWSのアカウントを作成しサービスが利用可能な状態になったら、「AWS マネジメントコンソール」を開きます。
AWS マネジメントコンソールとは、AWSの各種サービスの設定ページに行くための入口となっているページになります。

今回はEC2の設定を行うので、「コンピューティング」>「EC2」を選んでいきます。

選択するとEC2の設定ページが開きます。

EC2インスタンスの作成

AWSでは世界中にあるサーバーが実際に設置してある拠点の事を「リージョン」と呼び、各サービスをどの場所で立ち上げるかを選択することができ、利用料金などもリージョンごとに異なる設定がされている場合もあります。

やはり東京のサーバーと、太平洋の向こうアメリカのサーバーとでは通信速度に差が出てくるのでしょう。
今回は日本向けにサイトを立ち上げる想定で「アジアパシフィック(東京)」を選択します。

リージョンが選択した東京に切り替わっている事を確認して進めていきます。

EC2ではひとつの仮想サーバーを「インスタンス」と呼んでいます。
なので、今回新しく仮想サーバーを作成するので「インスタンスの作成」を選択します。

マシンイメージの選択

マシンイメージとは新たに立ち上げるサーバーのOSや各種ソフトウェアがパッケージ化されたテンプレートとなります。
テンプレートを用意してくれているおかげで、利用者は1から各種ソフトウェアのインストールをせずとも簡単に新しいサーバーを立ち上げることが可能になっています。

さらに、「AWS Marketplace」という所にもっと利用シーンを踏み込んだパッケージも存在しており、WordPressを導入したい場合もそういうパッケージがあるので簡単にセットアップができるため、今回はこれを利用します。

まず、AWS Marketplaceを選択します。

続いて検索バーに「wordpress」と入力して検索し
一番上に出てきた「WordPress Certified by Bitnami and Automattic」を選択します。

このパッケージはWordPressの動作に必要なPHPやMySQLなども合わせて導入してくれるパッケージになっています。

インスタンスタイプの選択

「インスタンスタイプ」とは簡単に言うと、EC2の仮想サーバーのマシンスペックの事です。

インスタンスタイプの先頭の「t2」「t3」などは、そのインスタンスタイプの基本的なスペック設定を表していて、この2つだと「t3」の方が新しいタイプのようです。

後ろの「nano」「micro」「medium」「large」などの部分は、大きくなると利用できるCPUやメモリが増えますが、当然のことながら利用料金も増えていきます。

マシンイメージを選択すると、インスタンスタイプによっての利用料金が参考として表示されます。
「Continue」を押すと実際にインスタンスタイプを選択するページに移動します。

AWSに新規で登録したアカウントには1年間の無料体験枠と言うものが特定のサービスに存在します。
このEC2では「t2.micro」が毎月750時間利用できる1年間の無料枠があります。
EC2はインスタンスの起動時間に応じて料金が発生する仕組みになっています。
1ヶ月は最大31日×24時間としても744時間のため、ちょうど1台分は起動し続けられる分の無料枠が設定されていることになります。

今回はこの無料枠を利用するため、「t2.micro」を選択します。
選択したら次の手順に進みます。

手順3は特に設定する項目は無いので、そのまま次へ進みます。

つぎはストレージのサイズ設定になります。

こちらも無料枠の範囲内にするために30GBに設定します。

タグの追加では、念の為インスタンスに名前をつけておきます。

「タグの追加」ボタンから、キーに「Name」値に「WordPress」を入れておきます。

次の手順6セキュリティグループは、デフォルトで最低限の設定がされているため、一旦このまま進めます。

新しいキーペアの作成

新しく作成したインスタンスにSSH接続するためのキーペアを作成します。

ターミナルなどから直接EC2のインスタンスに接続する際に使うキーとなります。

キーペアが第三者の手に渡ると不正アクセスが可能になるため扱いには十分注意してください。

「新しいキーペアの作成」を選択し、適当なキーペア名を入力して「キーペアのダウンロード」ボタンを押すと作成されたキーペアがその場ダウンロードされます。

キーペアのダウンロードが終わると、キーペアの紐付けがされていよいよ「インスタンスの作成」ボタンが押せるようになります。

「インスタンスの作成ボタン」を押すと、自動的にインスタンスの作成が開始されます。

「インスタンスの表示」から作成したインスタンスの状態を確認することができます。
ここが「running」となっていれば作成は完了してインスタンスは起動中という事になります。

また下の方にある、「IPv4パブリックIP」が現在割り当てられているインスタンスのIPアドレスになります。
本来であれば固定IPを割り当てるのですが、まずは動作確認として割り当てられたIPアドレスで動作確認を実施します。

インスタンスの起動確認

インスタンスに割り当てられたIPv4パブリックIPアドレスの前に「http://」をつけてブラウザで接続してみます。

WordPressの初期ページが表示されればインスタンスの作成は成功です。

WordPressの初期設定

WordPressが導入できたので、引き続きWordPressの管理画面で設定を進めていきます。

WordPressの管理者パスワードを確認

「WordPress Certified by Bitnami and Automattic」を使用してWordPressを導入した場合、WordPressの管理者パスワードは自動的にランダムな文字列が作成されて設定されています。

この時作成されたパスワードは、インスタンスのシステムログに記載されています。

AWSのEC2ダッシュボード上で作成したインスタンスを選択して、「アクション」ボタンから「インスタンスの確認」>「システムログの確認」を開きます。

システムログを下の方にスクロールしていくと「#」の枠で囲まれた箇所があります。
この枠内の「Setting Bitnami application password to 」の後に続いている文字列がWordPressの管理者パスワードになっています。

なおWordPressの管理者のユーザー名の初期設定は「user」となっています。

WordPressの管理画面

WordPressの管理画面へはサイトのURLの後ろに「/admin」を付けてアクセスすればログイン画面が表示されます。

例:「http;//[割り当てられたIPアドレス]/admin」

ここでユーザー名「user」とシステムログに記載されていたパスワードを入力すると管理画面へログインすることができます。

ダッシュボードが表示されれば管理画面へのログイン成功です。

初期設定が英語になっていますが、「Settings」のメニューから言語設定で日本語に設定することができます。

これでWordPressの管理画面が表示できましたので、EC2の仮想サーバー自体のセットアップは一区切りとなります。

この後は引き続きWordPressの設定をしたり、独自ドメインの導入など実際の公開に向けた準備を進めていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました